AGA治療薬でも最も有名なものの一つがプロペシアです。プロペシアについては様々疑問があると思います。使おうか迷ったらぜひご覧ください。

困っている男性

AGAとは男性型脱毛症と訳される症状です。
個人のライフスタイルなどにより原因は異なりますが、いちばんは男性ホルモンが特定酵素の作用を受けより強力な作用を持つ物質に変換されてしまうこと、そしてその影響により発毛や育毛が阻害されることだと言われています。
ですからAGA治療に際しては、男性ホルモンの過剰な分泌を抑制し、特定酵素との結合を抑えることが必要です。
そのためにAGA治療薬として使用されているのがプロペシアです。
プロペシアに含まれている成分は、もともとは男性の前立腺疾患の治療に際して使用されていたものです。
そこで発毛に対する影響も認められたことから、その成分を含んだプロペシアがAGA治療にも使用されるようになったと言う経緯があります。
プロペシアの特徴としては、使い続けることで高い割合で効果があらわれていると言う点が挙げられます。
AGAの最たる原因である男性ホルモンと特定酵素に作用をもたらすので、このような結果が出ていると言うわけです。
ただしプロペシアには注意点もいくつかあります。

まずは副作用です。
薬なので肝臓に対する負担は避けられませんし、男性ホルモンに作用をもたらすので男性の性機能、男性らしい体、また心の面に影響が出てくる恐れも指摘されています。
プロペシアを飲んでいる間だけではなく、服用を終了してから数年後にこのような副作用が出てくると言う例も報告されています。
それからもうひとつは、女性は触れることすら禁じられていると言う点です。
女性の体内にも男性ホルモンは分泌されていますが、その量はごく僅かです。
そのためプロペシアの成分によってその分泌が抑制されると、女性ホルモンの分泌バランスまでみのが狂ってしまい、心身に大きな影響が出てくる恐れがあるためです。
更に妊娠中の女性の場合、その影響が胎児にまで及ぶ可能性もあるとされています。
現在はエフペシアのようなジェネリック医薬品も出ており、このエフペシアで育毛する事もできますが、こちらも同様に注意しながら使用する必要があります。