AGA治療薬でも最も有名なものの一つがプロペシアです。プロペシアについては様々疑問があると思います。使おうか迷ったらぜひご覧ください。

  • ホーム
  • 髪の毛が生えたらプロペシアの服用をやめていい?

髪の毛が生えたらプロペシアの服用をやめていい?

悩んでいる男性

プロペシアはフィナステリドを有効成分にしたAGA治療薬で、その効果が認められて厚生労働省にも認可を受けている飲み薬です。
ただし、効果があるのはAGAの症状を抑えるという点においてのみで、原因そのものを取り除いて完治させるというものではありません。
AGAの原因は男性ホルモンのDHTと呼ばれるもので、毛母細胞に影響を与えることで成長因子を阻害し、ヘアサイクルを大きく狂わせます。
このDHTは男性ホルモンのひとつで、体内では9割以上を占めると言われるテストステロンと、毛乳頭細胞に存在する5α還元酵素が結びつくことで生成されます。
AGA治療薬のプロペシアは5α還元酵素阻害薬と言われていて、その文字通りの阻害作用によってDHTの生成を抑制し、ヘアサイクルの乱れを正常にすることで毛髪が成長するのをサポートします。
急激な発毛作用はありませんが、正常に髪の毛が伸びることによってこれまで抜け落ちていた毛髪も復活し、AGAが発症する前の状態にまで戻すことが可能となります。
ただし、プロペシアの効果は一時的なもので、1度飲んだからといって効果が続くわけでもなく、髪の毛が元通りになったからといって抜け毛がなくなるわけでもないのです。
5α還元酵素の働きを抑えているので、服用を中止すれば再びDHTの生成が行われて、ヘアサイクルが乱れることで抜け毛が始まるようになります。
そのため、十分に髪の毛が生えたからといってすぐに休薬や断薬をするのではなく、1日1回だったものを3日に1回など徐々に減らして様子を見るようにします。
その間に運動療法や食事療法など、その他の対処療法を行いながらAGAを治療していくのが一般的となっています。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧